メインイメージ

合同会社の略称

合同会社の略称について

近年改正された会社法によって、従来設立が可能であった有限会社の新規設立が廃止になった代わりに、合同会社と呼ばれる新しい種類の会社が設立できるようになりました。

この会社は株式会社に比べて少ない資金で会社設立が出来るという点と、会社を設立してから義務付けられる内容が株式会社に比べて緩やかであることから個人事業主が法人化したり、家族経営をしている自営業者などが法人化する場合に最適な形として近年新規設立が盛んに行われています。

 

その数は年々増加しており、やがては株式会社に次いで多く設立される会社になっていく可能性があります。

また大きな会社の場合でもその仕組みの緩やかさに魅力を感じて合同会社に鞍替えするケースもあります。今後身の回りに増える会社の形かもしれません。

 

しかし、この合同会社というのはまだ知名度が低くなっています。

そのため聞いたことが無い人も多いのが特徴です。会社名を見る場合にも合同会社という表記がなされていない場合も多く、普通に生活をしている人は目にする機会も少ないかもしれません。

実際に使用されている会社名というのは略称を使用する場合が多いのも一つの理由として考えられます。株式会社の場合には(株)という表現をするのが一般的ですが、合同会社の場合は(同)と表現します。

 

合同会社なので(合)と表現すると想像する人もいるのですが、会社法により設立できる会社の形としては合資会社や合名会社と呼ばれる会社組織も存在しているのです。

一般的には選択するメリットがあまりないので株式会社に比べると知名度は非常に低いのが特徴ですが、同じような略称になってしまうと混乱を招きますので合同会社は(同)、合資会社は(資)、合名会社は(名)という略称を使用することになっています。

 

この様な表記は振り仮名で書く場合もあります。銀行口座など振り込みに使用する場合には会社名に振り仮名を振らなければならないことも多いので知っておく必要なあるでしょう。

合同会社の場合には「ド)」という表記を使用します。会社名の後ろにつく場合には「(ド」となります。この様な略称は銀行取引の場合には非常に重要です。

しっかりと使用しないと通帳には法人格である「ゴウドウカイシャ」しか印字されずにどこからの振り込みであるかが分からなくなってしまう場合もあるのです。

その様な問題を避けるためにも、合同会社と何らかの付き合いが発生する場合には知って降りた方が良いでしょう。

Copyright© 2014 合同会社設立をするとき用意すべきことと得する内容教えます All Rights Reserved.